SAKE-HerstellungsProzess_01.jpgSAKE-HerstellungsProzess_02.jpgSAKE-HerstellungsProzess_03.jpgSAKE-HerstellungsProzess_04.jpg

About Sake

日本酒は米と水を主原料として醸される醸造酒で、一般的なアルコール度数は13%から17%です。他のお酒にはない日本酒の最大の特徴は、冷酒から熱燗までさまざまな温度帯でお楽しみいただけることです。当店でもさまざまな温度で日本酒をご提供しておりますので、ご注文時にお好みの温度をお申し付けください。

日本には現在約1600件の酒蔵があると言われており、それぞれの蔵が特徴ある酒を醸しています。各地域や各酒蔵により異なる水、気候、酒米の種類、醸造プロセス等が複雑に影響し合い、蔵独自の味わいを生み出すことにより、日本酒の世界を魅力的で多様なものにしています。

日本酒の味わいは、芳醇、中庸、淡麗、軽快、爽やか、フルーティー、甘口、辛口など様々に形容され、近年では適度に酸を利かせたものや、発泡性のもの、熟成酒等、益々バリエーションが豊かになってきています。

食事の種類やシチュエーションに応じて、ぴったり合う日本酒選びをお楽しみください。

石川県の地酒

To-Ji, Sakemeister

店主の一人の生まれ故郷である石川県は、能登杜氏が有名なように、日本酒の生産が盛んな土地です。

加賀、金沢、能登のそれぞれの地域では、気候や風土、造りも異なり、一つの県でありながらも個性的な34蔵が、日々美味しい日本酒造りに精を出しています。

当店のお酒は小規模な蔵で醸しているものが多く、石高が少ないため、日本でも地元以外ではなかなか手に入らない大変貴重なお酒ばかりです。「ドイツのお客様にも本当においしいお酒を飲んでいただきたい」という想いで、作り手の皆様にご提供いただいています。石川県の地酒を遠く離れたフランクフルトで是非お楽しみください。